いぼ治療でコンプレックスを解消【いぼにはさまざまな種類がある】

悩みを解決する

女性

痛みを少なくする

肌にできるいぼは審美性の観点から悩みの種となるだけでなく、種類によってはそのままにしておくと増えていく可能性もあります。そのため、医療機関において取り除いてもらう必要があります。いぼの治療の第一の選択肢が液体窒素を使用した方法です。液体窒素をいぼに吹き付けて、取り除きます。人気の理由としては保険適用となるので医療費を抑えることができる点です。方法も確立されていることから、さまざまな症例に対応しています。一方で痛みがあるということ、大きさによっては複数回の治療が必要になるということが挙げられます。痛みについては緩和できるように工夫されてきています。液体窒素を吹き付ける際にはどうしても周囲の皮膚にも付着することで痛みが大きくなる問題がありました。しかしながら、患部以外の箇所を保護した上で液体窒素を使用する方法が広まってきており、痛みは最小限にコントロールされています。また、液体窒素を使用したあとには一定期間そのままにする必要がありますが、塗り薬などを併用することで少しでも早く治るような治療も行われています。いぼにはさまざまな種類があります。種類によって、感染のリスクがあるものとそうでないものがあるので、医療機関において診てもらうことが大事です。いぼは大きく分けてウイルス性のものと、加齢や遺伝によるものに分けられます。ウイルス性のものはヒトパピローマウイルスが原因です。バスマットやプールなどで感染するリスクがあります。手の指などにできるものの多くはウイルス性のものが多いです。一方で老人性のものは皮膚の細胞分裂による変化でできます。部位を問わずに発生する特徴があります。どちらのタイプができているかをまずは知る必要があります。治療の方法はいずれのいぼでも同じ方法で治療することができます。しかしながら、ウイルス性のものの場合、そのままにしておくと周囲の皮膚にも広がっていくリスクがあります。特に手の指にできた場合、身体のさまざまな部位に触れたとき、触れた部位に傷口があればそこから感染するリスクもあります。そのため、医療機関では、まず、どちらのタイプのものかを判別する治療を行います。

適した方法を知る為には

顔に触れる女性

いぼの治療方法には保険適用と適用外があり、綺麗に取り除けるのは保険適用外のレーザー治療です。できた場所や状態によって美容優先でなくても良い事もあります。適した方法を知る為にはまず、自分の状態を正しく判断する事が大切です。

詳しく見る

安全性が高いのが特徴です

看護師

いぼは目立つ部分に出来るので、コンプレックスを感じている人が多いですが、美容皮膚科のクリニックでは液体窒素や炭酸ガスレーザーを使用したいぼ治療が受けられます。液体窒素は保険適用が受けられるので、費用を抑えることができます。

詳しく見る

除去して予防する

女性

いぼにはウイルス性と老人性があります。ウイルス性のものは感染する前に取り除くほうがいいので焼灼術や切除をすることが多いです。老人性いぼは体質的要素が大きいため、レーザー治療などで除去してから薬による予防を行ないます。

詳しく見る

皮膚のできものを消す施術

顔に触れる女性

いぼ治療を申し込むのは皮膚科だとすぐ終わりますが、美容皮膚科や形跡外科の場合は長いカウンセリングなどを受ける必要があります。費用の安さと満足できる高度な治療は両立できるので、どんな治療が一番いいのかをよく考えて病院を選びましょう。

詳しく見る

初めて受けるなら

ビフォーアフター

初めていぼ治療を受けるなら、予約やクリニック選択の仕方といった基本的なことを覚えておけば、問題になることはあまりありません。治療後は入念な傷のケアをし、ウイルスが侵入して悪化という事態を防ぐようにしましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 いぼ治療でコンプレックスを解消【いぼにはさまざまな種類がある】 All Rights Reserved.