いぼ治療でコンプレックスを解消【いぼにはさまざまな種類がある】

適した方法を知る為には

顔に触れる女性

それぞれの特徴を知る

全年齢、性別に関わらず誰にでも起こる可能性のあるいぼですが、綺麗に取り除く選択肢として美容整形外科クリニックがあります。種類や大きさによって治療方法は異なりますし、クリニックによって扱っている器具も異なります。どこでも同じではないので、自分の希望に適したクリニック選びが重要になります。クリニックでは必ず施術内容と施術後の状態について説明を受け、納得して合意してからでないと施術しません。事前に必ずカウンセリングが行われるのですが、その際に医師と面談できるので様々な意見を聞く事ができます。美容整形外科クリニックは保険適用外の治療が主である事から、治療を受けるかどうかは受診しても気軽に断る事ができます。自分の希望に適した機器や方法は、素人判断で事前に決める事は危険です。何故なら、そのいぼの原因や状態を正しく把握できないからです。医師に診断してもらい自分の状態を知り、その上で方法を選択していく必要があります。それがカウンセリングで叶います。また、現在言われているセカンドオピニオンも重要であり、1つの機関だけでなく複数機関で受ける事で正しく自分の状態把握や治療方法を絞る事ができます。カウンセリングは無料なので、気軽に活用できます。いぼの治療方法は多く、状態や希望によって適した方法は異なります。大きく分けて3つの治療方法があります。1つは液体窒素や電気メスによる切除術です。液体窒素を患部に当てて細胞を死滅させる方法です。細胞が死滅すると内出血の様に赤黒く変色し、いずれ自然にとれていきます。電気メスは大きいものや老人性のいぼに有効な方法で、その名の通り患部を切除します。2つ目は漢方薬による服薬療法です。液体窒素や電気メスは必要時には麻酔をしますが、痛みを伴いますので苦手な方や子供には服用薬という選択肢があります。飲むだけの方法ですが、時間はかかるという側面もあります。これら2つの方法は皮膚科で保険が適用される治療方法であり、3割負担で1000円程の負担となります。保険適用外である3つ目の選択肢としてレーザー治療があります。レーザーは患部のみを焼き切る方法であり、周囲の皮膚に負担は少なく施術後も綺麗になりやすい方法です。1つのいぼで1000円〜2000円程となりますので、複数の場合は数に応じて掛かる費用は増します。状態や場所、希望によって適した方法があります。

Copyright© 2018 いぼ治療でコンプレックスを解消【いぼにはさまざまな種類がある】 All Rights Reserved.