いぼ治療でコンプレックスを解消【いぼにはさまざまな種類がある】

除去して予防する

女性

移る前に取る

いぼは薬でも治せる場合があります。しかし飲み薬や塗り薬では完治までに時間を要します。特にウイルス性のいぼは感染の恐れがあるため、早めに治療するに越したことはありません。迅速に治癒するためにはクリニックを利用するのが効果的です。治療を行なっているのは皮膚科や美容外科が代表的です。皮膚科だと液体窒素などの薬品を利用した焼灼術を用いることが多いです。多少痛みがありますが、数回の通院で完治することができます。ただし火傷痕が残る場合もあるので、顔など人目に触れる部分にはあまり向いていません。人目に触れる場所のいぼを治療する場合は美容外科を利用しましょう。美容外科は肌を綺麗にするための治療がメインです。切除やレーザーなどを利用して、痕が残らないように除去してもらえることでしょう。また、除去前にカウンセリングを行なうため医師との距離感が近いのがメリットです。不安点があれば相談しやすく、安心して取り除くことができます。クリニックによってはアフターフォローも手厚いので、どこを受診するか工夫するとより質の良い治療が受けられます。いぼの除去治療を行なう場合は、まず医師が種類を見極めます。いぼにも種類があり、感染するウイルス性のものや、皮膚への刺激によって発症する老人性いぼと呼ばれるものがあります。どんなタイプかによって治療法が異なります。ウイルス性のものですと、液体窒素やレーザーで焼いて取り除くか、切除することが多いです。感染がほかの皮膚へ広がる前に取り除くのが適しています。皮膚科を受診する場合は液体窒素が一般的ですが、美容外科ですとレーザーか切除による治療になることが多いです。痛いのが怖い人や、メスを入れるのに抵抗がある場合はレーザー治療になる可能性が高いでしょう。老人性のいぼはレーザーか薬による治療が代表的です。衣服の摩擦や紫外線などによって現れるものなので、帯状にいくつも現れることが多いです。そのため、一つ一つ取り除く方法は向いていません。老人性いぼは除去自体は可能ですが、体質によるところが大きいのも特徴です。一度綺麗に取り除いても、また再発する恐れがあります。除去後は飲み薬や塗り薬で予防することも大切です。

Copyright© 2018 いぼ治療でコンプレックスを解消【いぼにはさまざまな種類がある】 All Rights Reserved.